専門学校の資料請求ならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

専門学校の資料請求ならe-専門学校ガイドTOP > 保護者、学校関係の方へ


保護者、学校関係の方へ

専門学校とは・・・


■時代が求めるプロフェッショナルを育てる
今、さまざまな分野において専門的な知識をもち、即戦力となる人材が求められています。そんななか、スペシャリストを育てる、専門学校への注目が高まっています。専門学校とはどんなところで、どんな人に向いているのか、まずは、ポイントを押さえておきましょう!

■専門学校とは、どんな学校なの? 大学短大とどこが違う?
専門学校とは、文部科学省が学校教育法で定めた「専修学校」のなかで、高卒以上を対象にした「専門課程」を持っている学校のことで、都道府県知事などの許可を受けて設置されます。(国立の学校は文部科学大臣、公立は都道府県教育委員会、私立は都道府県知事の許可を受けて、設置されます。)
"学術の研究"を行う大学や短大とは違い、専門学校は"仕事に役立つスキルを取得すること"が目的。資格の取得や検定試験の合格など具体的な目標を目指した、カリキュラムが組まれている分野もあります。授業内容も、専門知識と技術の習得、実技や実習が中心で、仕事にすぐに活かせる内容となっているのが大きな特色です。つまり、専門学校とは、社会に出て即戦力となるスペシャリストを育てる、教育機関なのです。 修業年限1年以上、年間授業時間数800時間以上(夜間の場合、修業年限に応じて年間450時間以上)、学生数が常時40人以上などの条件があり 「無認可の学校=教育内容が悪い」というわけではありませんが、公的奨学金や教育ローンの利用、学割の適用などの特典は、認可された専門学校の学生でなければ受けられません。

■医療・文化教養・工学など、多様な専門知識が学べる
専門学校は、大きく分けて 「工業 」「農業」「医療」「衛生」「教育・社会福祉」「商業実務」「 服飾・家政」「文化・教養」、8つの分野に分かれています。安定したニーズがある歯科衛生士や看護師などの医療系から、専門職としてステイタスの高い税理士や公認会計士などのビジネス系、近ごろ、注目が高まってきているアニメーターやゲームプログラマーなどのクリエイティブ系まで、分野も学科もどんどん広がっていて、ありとあらゆる職業に関わるプロフェッショナルを育てる学校があります。

■得意分野がある人や専門職を目指す人におすすめ!
「ゲーム・プログラムを勉強したい」「デザイン業界で働きたい」「医療に関わる仕事がしたい」など、進みたい進路がわかっている場合は、専門学校で知識や技術を磨くことが、夢を実現する近道になるかもしれません。また、まだハッキリしたビジョンはなくても、「何か資格を取得したい」「専門職を目指したい」と考えている人は、専門学校への進学も選択肢に加えて、自分の得意分野や興味のある学科がないか、検討してみる価値はあります。
修業年限は多くが2年、1年から4年、専門士の称号ゲットで、大学への編入も可能
専門学校の修業年限は「1年以上」としか定められていません。専門学校の多くは2年制ですが、1年制から3年制、4年制まで必要に応じて設定されています。
文部科学大臣が認めた学科を卒業し、「修業年限2年以上」「課程の修了に必要な総授業時数が1700時間以上」「 試験などによる成績の評価を行い、課程の修了の認定を行っている」 という3つの要件を満たせば「専門士」という称号が与えられます。また一定の要件を満たす学科の修了者は、4年制大学の2年次、3年次への編入も可能! 推薦枠を決めるなど、大学と連携をとっている専門学校もあるので、事前にチェックしておくといいでしょう。 新しい制度として「高度専門士」という称号が修業年限4年以上で要件を満たす学科卒業者に付与されます。高度な専門技術を持つ人材の称号として大学院進学や就職の要件として周知されることが期待されています。

■学費と奨学金
入学金、授業料は、系統や学科によって違います。また、学校が持っている施設、どのような実習が行なわれているのか、によっても、学費に差があります。一般的には、医療・音楽系・情報処理・工業系の学校など、最新の設備が要求される分野では、学費も高額になるようです。また、栄養・調理系、理容・美容系など、実習が必要な分野では、道具も購入しなければなりません。 一概には言えませんが、昼間の学科で初年度100万円~を目安に考えてください。社)東京都専修学校各種学校協会(http://www.tsk.or.jp/)などがデータを公表しているので、参考にしましょう。
奨学金は大きく分けて、返還義務がない「給付」と、社会人になったら定められた方法で返済していく「貸与」の2種類があります。成績や家庭の経済状況などが応募基準になりますが、それぞれに資格審査が違うのでチェックし、どの奨学金制度を選択するか、よく検討しましょう。国や地方自治体(都道府県など)が行う公的なもの、企業や銀行が行う民間のもの、各学校が独自に行うものの3タイプがあり、代表的なものとしては、「日本学生支援機構(旧日本育英会)」「国民生活金融公庫」「ろうきん教育ローン」などがあります。 各学校の奨学金は個別に確認してみると良いでしょう。



医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ