最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【映画・漫画から仕事の世界をのぞいてみよう!】第38回 漫画『西荻窪ランスルー』

こんにちは、e-専門学校ガイド編集部です。

「映画・漫画から仕事の世界をのぞいてみよう!」第38回目は漫画を通して職業の魅力をご紹介します!

今回は高校生の皆さんも大好きなアニメ業界に注目したいと思います。

アニメといえば、テレビ番組や映画はもちろん、最近ではテレビゲームの中でも多く使われたりと、いまやアニメを見ない日はない!と言えるくらい私たちの生活に溶け込んだ表現方法となっていますね。

そんなアニメ業界に関連する職業は、多種多様です。

アニメの脚本を作るシナリオライターや、そのシナリオに沿って演出を考える演出家、アニメに効果音やBGMをつける音響スタッフや、皆さんご存知の声優などなど、たくさんの関係者が力を合わせて一つのアニメ作品を作っています。そんな中、アニメ制作になくてはならない職業の代表格のひとつがアニメーターです。

アニメーターは、アニメの中に出てくるキャラクター背景に動きをつけるための原画や動画を作成するのが主な仕事です。アニメーターがいなければ、アニメを動かすことはできないのですから、アニメに命を吹き込む仕事!といっても過言ではありませんね。

eigamanga38.jpg

ここでアニメ制作の大まかな流れをご紹介します。

まずは脚本に沿って原画の元になる絵コンテを作成します。絵コンテとはアニメを作成する前にキャラクターの構図や動きを決めておく表のことで、いわばアニメの設計図のようなものです。

次にその絵コンテを元にしてアニメーターが原画を描いていきます。

原画とはアニメを動かすなかで、特に重要となる部分(動き始めや、動き終わりなど)のことをいいます。原画は重要なポイントだけ描くので、それをつなぎ合わせただけではスムーズな動きにはなりません。そこで、最後に原画と原画の間を埋める絵をかく、作画が必要になってきます。

こうして描かれた絵を全てつなぎ合わせることで、キャラクターや背景が動いているように見せることができるのです。

アニメ制作の流れでも軽く触れましたが、アニメーターの仕事は大きく二つに分けることができます。

(1)動画のベースとなる原画を描く「原画マン」

(2)原画と原画の間の動きをひとコマひとコマ描いて埋めていく「動画マン」

原画の作成は高度な技術と経験が必要なため、新人アニメーターは通常動画マンからはじめて、そこで必要な技術や経験を積んでいきます。

動画マンはアニメーターとしての基本を学ぶ、とても大切な下積み期間でもあるんですね。

「アニメーターの仕事内容はだいたいわかったけれど、具体的にはどんなことをするの?」

と疑問に思ったあなたにはアニメーターが主人公の「西荻窪ランスルー」という漫画がおすすめです!

この漫画の主人公 江田島 咲(えだじま さき)は何よりも絵をかくことが大好きな女子高生。

誰よりも早く絵を描く仕事に就いて、バリバリ仕事ができるようになりたい!という熱い思いから高校を卒業後すぐに小さなアニメ制作会社に就職します。

彼女の一日はとっても過密。

原画マンからもらった原画を参考にして、キャラクターがなめらかに動くようにひたすら原画と原画の間を埋める作画を行っていきます。

描いた作画は、まとめて作画監督にチェックしてもらい、おかしな点があれば修正します。

作画監督とは、作画をチェックして、修正・統率する仕事。

江田島も作画監督から毎回厳しいチェックを受けて何度も作画をやり直す日々を過ごします。

アニメーターの仕事は体力と気力が勝負。ときに深夜までおよぶこともあります。

そんなアニメーターの苦労が報われるのが、作成した作画を撮影して、映像として繋いで観る「ラッシュ」と呼ばれる確認の時間。

作画監督を始め、アニメ制作にかかわったアニメーターが一堂に会し、映像を確認します。

これまで机の上で描いていた自分の作画が、映像として動いて見えるわけですから、感動もひとしおですね!

江田島も初めて自分の担当した作画が動いている映像を見た時、わずか数秒の一瞬にかけた途方もない苦労と努力を思い出し、思わず手が震えてしまいます。

膨大な作画を自らの手で描いたアニメーターならではの喜びですね。

漫画の中では新人アニメーターの江田島の視線を通して、アニメ業界の様々な事情が描かれています。同期のアニメーターとの友情や、作画監督の苦悩など、アニメ業界を目指す人なら知っておきたい情報が満載!

アニメ業界のことをもっと詳しく知りたい!と思った方は、ぜひ「西荻窪ランスルー」を読んでみてくださいね!

■西荻窪ランスルー

著書:ゆき 林檎

最後に漫画に出てくる職業についてもっと知りたいという方のために業界のリアルな現状を紹介したコンテンツをご案内します!

漫画を深く楽しむためにも、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

■アニメ・漫画業界関連のことを学校で勉強したい方はこちら

<『好きなこと』を仕事にしよう 第31回 アニメや漫画が好き!>

e-sen


このページを


コメントする
※必須項目