最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【映画・漫画から仕事の世界をのぞいてみよう!】第1回 映画『ハッピーフライト』

こんにちは、映画コメンテーターの八雲ふみねです。

私はメディアを通じて映画を紹介したり、

映画イベントで司会を務めたり、

俳優さんや映画監督にインタビューしたり...と、

映画にまつわるコトを仕事としています。

この「映画・漫画から仕事の世界をのぞいてみよう!」では、映画に登場するさまざまな職業をクローズアップ。映画の見どころと共に、お仕事の魅力をお届けしていきます。

このコラムで紹介する作品たちが、今後、皆さんが進路を決めるときの参考になったならば嬉しいです。

さて、記念すべき第1回。

今回、ご紹介する映画は...。

エアライン業界で働く人々へのリスペクトであふれたエンタテインメント・コメディ『ハッピーフライト』です。

happyflight.jpg


映画『ハッピーフライト』は、エアライン業界を舞台に描いた群像コメディ。

このフライトが機長昇格の最終訓練となる、副操縦士の鈴木(田辺誠一)。

試験教官として同乗する威圧感たっぷりの機長、原田(時任三郎)。

国際線デビューに緊張する新人客室乗務員の悦子(綾瀬はるか)。

泣く子も黙る鬼チーフパーサー、山崎(寺島しのぶ)。

彼らを乗せたホノルル行き1980便を安全に離着陸させるために働く「仕事のプロ」たちの悲喜こもごもを、生き生きと、そしてユーモラスに描いています。

メガホンを取ったのは、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』の矢口史靖監督。

監督自ら約2年に及ぶリサーチを行ったうえで脚本を書き上げたという本作で注目の職業と言えば...。

旅客機に搭乗し、乗客のためにさまざまな安全確保とサービス業務を行う、客室乗務員。

カウンターでのチェックイン・発券業務・ゲート業務などをこなす、グランドスタッフ。

フライト情報やターミナル内の施設など空港内の案内人、インフォメーションスタッフ。

おそろいの制服に身を包みハツラツと働く彼らの姿に、空港を訪れたことがある方なら、誰でも一度は憧れたコトがあるのではないでしょうか。

エアライン業界って、とても華やかな印象がありますものね?。

この映画の中で特に興味深いのが、各部署の上司・部下の関係。

例えば、鬼チーフパーサーの山崎。

「一緒に仕事をすると泣かされすぎるため、水をたくさん飲む必要がある」と噂されるほど、厳しいことで知られる彼女。

それだけに、経験不足、あるいはプロ意識に欠ける部下に浴びせる言葉は、厳しく辛辣。

たとえ相手が新人客室乗務員であっても容赦なし!

その一方で、いつも彼らの仕事ぶりを見守り、必要があればすかさずフォローする優しい一面も。

そんな先輩のプロ意識の高さに触れることで成長していく、後輩たち。

彼らの関係性を見ていると、客室乗務員という仕事の大変さと同時にやり甲斐も伝わってきます。

また、飛行機が定刻どおりに運行できるように奮闘するグランドスタッフ・インフォメーションスタッフの仕事についても、この映画を観るまでは気付かなかったトリビアが盛り沢山。

空の安全を地上から守る彼らの働きぶりに、興味をそそられることでしょう。

決して華やかなだけではない、「ザ・プロフェッショナル」とも呼べる仕事人としてのかっこ良さに「私も航空業界で働きたい!」と夢が膨らむ人も多いはず。

「空の旅」は、心がわくわくする非日常の世界。

それを支えるリアルでドラマチックなエアライン業界の裏側に『ハッピーフライト』を通じて触れてみて下さい!


■ハッピーフライト

監督:矢口史靖

出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ ほか


最後に映画に出てくる職業についてもっと知りたいという方のために業界のリアルな現状を紹介したコンテンツをご案内します!

映画を深く楽しむためにもぜひ情報収集してみてくださいね。

■エアライン業界についてもっと知りたい方はこちら

<シゴト人は語る! vol.44 エアライン業界>

<シゴト人は語る! vol.28 航空整備業界>



■エアライン関連のことを学校で勉強したい方はこちら

<エアライン関連のことが学べる専門学校一覧>

<航空整備関連のことが学べる専門学校一覧>




八雲ふみね

Profile_執筆者_顔写真2.jpg

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活動中。

機転の利いた分かりやすいトークと、アーティスト、俳優、バラエティタレントまでジャンルを問わず、相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で絶大な信頼を得ている。

初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日記者会見・トークショーなどの映画関連イベントや企業系イベントにて司会を務めることも多数。

トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティである。

八雲ふみね公式サイト: http://yakumox.com

e-sen


このページを


コメントする
※必須項目